一定期間更新がないため広告を表示しています

rin

4月に日本で封切りされた、スピルバーグ監督の映画「リンカーン」。
昨年にも「リンカーン秘密の書」という映画が上映されたが、第16代米国大統領

エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)が、注目されている。

 

このリンカーンが愛用していた時計はKentucky Historical Society KHS が所蔵しています。
時計は、リンカーンのお孫さんが寄贈したものである。
当時、米国の技術の粋を結集した最高級懐中時計「ウオルサム」であった。 

waltham
 

18金のケース、金色のチェーン付き
A L(Abraham Lincoln)の刻印をオニキスに彫刻されたボタンが付属する。

 

スピルバーグ監督は映画の中で、この本物のリンカーンの時計を博物館から借り受け

「コチコチ」刻む時計の音とともに映画の中に使っています。

 

当時のウオルサム社は、社名がアメリカン・ウオッチ・カンパニーでありました。
そのため、文字盤には WALTHAM のロゴはプリントされていません。
もちろん当時の懐中時計は、鍵巻き式で、リューズは無く、裏蓋をあけて鍵で巻き上げます。

 

実は、もう1点のリンカーンが使っていた懐中時計が残されています。
それは現在米スミソニアン協会(Smithsonian Institution)のスミソニアン博物館内の

米国歴史博物館(National Museum of American History)に展示されています。

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL