一定期間更新がないため広告を表示しています

昨日、昨日、5大会連続オリンピック出場を決めているShow jumping」

(あえて障害馬術と呼ばない)日本代表、杉谷泰造さんが来社された。

ウオルサムが契約をして応援しています。

彼の愛用の時計は、赤のウオルサム・フィダルゴ


sugitani
 

ヨーロッパ転戦中の一時帰国である。

2011年度の世界選手権など5スタークラスの競技に出場し、素晴らしい成績を挙げている。

日本では、馬術の認識が低いためニュースにされることが少ないですが

現在世界のトップライダーの一人なのです。

雑誌のインタビューで、メダルを獲る自信を明言されていた。


sugitani1
 

―星の数は一流の証―

現在、公式に行われている国際大会は、FEI(国際馬術連盟)の定める

星(スター=*)の数によって5つのクラスに分かれています。

フランス語のConcours de Saut International から頭文字を取ったCSI と

合わせて高いクラスから順にCSI5*、CSI4*、CSI3* CSI2*CSI1*と表されます。

最高峰5*の大会が、最も数多く行われているのは、西ヨーロッパ(Western European)。

馬術大国ドイツを始め、オランダ、ベルギー、フランス、イギリスなどの

強豪国では、自国の選手だけでなく、世界中のトップライダーとトップホースを招き、

年間を通してハイレベルな戦いが繰り広げられています。

 

また、最高峰の大会では、大会主催者からの「招待」を受けなければ出場することが

できません。特に伝統と人気のある大会からInvitation が届くことは選手にとっても

誇りであり、実力に加え、人気の上でも一流と認められた証です

 

杉谷泰造選手は、このCSI5*の資格を持つトップライダーなのです。

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL