一定期間更新がないため広告を表示しています

出品されたブランドを順次ご紹介します。まず、最初に


-
カルロ・バルバリス -

創業者カルロ・バルバリスによって、1929年イタリア、ヴァレンツァに創業

創業時から受け継がれる、豊かな色彩感と幻想的なデザインは、

<カルロ・バルバリス>の特徴です。

 

1940年以降、愛妻ヴァレリアがクリエイティブな創作をはじめ、

1960年には、宝石鑑定の経験を積んでいた息子ジャン二がヨーロッパ、

アメリカをはじめ世界市場でジュエラーとしての活躍の場を広めていきました。


1970年後半にはジャン二の妻でデザイナーであったジョヴァンナの創作に

愛娘フランチェスカが加わり、2001年からジャン二の息子フランチェスコ、

娘マリアとともに独創的なジュエリー製作を推進しています。

 

今回秀宝展のテーマ商品となった「Peacockピーコック」

 
carlo

「カルロ・バルバリス」
創業以来受け継がれるファミリーの伝統を意識したジュエリー製作、
その独特なスタイルは、
企画、リサーチ、創作、熱意、ときには
犠牲を伴う協力体制から築かれています。
伝統には、
経験や意思の疎通など熟練職人との長年のチームワークも重要です。


「美」のわずかなひらめきを的確に捉えたデザインアプローチや
特有のカラーセンスを生か
して「ジュエリー」という華麗な形に仕上げます。
生粋のジュエラーとして、ひとつひとつが

特徴あるユニークピースであることを伝えていくことに責任を感じています。

kawasaki1 

6月22日(土)

会場はホテルニューオータニの鶴の間(750坪)

今回のテーマ商品は、美しい彩の宝石を鏤めたイタリア、ヴァレンツアの

「カルロ・バルバリス」

 

karuro
 

このブランドの美しいいろどりをイメージして会場つくりに活かした、素晴らしい会場が

出来上がりました。

 

kawasaki2

ショーのゲストは、森山良子さん。彼女のデビュー作「この広い野原いっぱい」のイメージで

フラワーアーティスト川崎景太さんの巨大な生花のオブジェが、お客様をお迎え。

そして1800年代からのアンティークジュエリーが宝飾の歴史を先導して会場へ

ご案内していく設計です。


turu
 

この広い会場がお客様で溢れ、座る席がなくなり急遽、商談席を追加したほどでした。

 

世界中から厳選してきた最高級のジュエリーがお客様の心をとらえたことは

間違いないと確信できました。

 

「秀宝展」来年は、いよいよ40周年となります。

1952年(昭和28年)創立の平和堂貿易は、おかげさまで60周年を迎えることができました。

これもひとえに皆様のご愛顧ご厚情によるものと心より御礼申しあげます。

さて、平和堂貿易の看板催事「秀宝展」、今年で38年目を迎えました。
ヨーロッパの伝統に培われたクオリティの高さと美しさを誇るジュエリーと

時計の新作を多彩に取り揃え、6月16日(土)、ホテルニューオータニ本館「鶴の間」にて

盛大に開催されました。


" HEIWADO Value・Difference(世界に通用する平和堂の価値観)”の理念のもと、

グローバルな視点でヨーロッパを始めとした世界各地からの華やかで上質な

ジュエリーを選りすぐりご紹介いたしております。
会場には、平和堂貿易60周年記念事業

「静から動へ ジュエリーと工藝が織りなす美の改革=動く宝飾の新たな価値を求めて= と

題した日本伝統芸術「漆工芸」とのコラボ作品展が飾られ、

「花屏風」と題した川崎景太先生のフラワーアートと融合してゴージャスな世界を

現出していました。


syu2
 

また、今年は、松平 健さんによるエンターテイメントショーを昼・夜の2回開催。

「マツケンサンバ供廚粒擇靴げ里肇瀬鵐垢鬚幹能いただきました。

10時オープンから20時まで常に盛況で商談席が足りなくなるほどでした。

ヨーロッパの伝統に培われたクオリティの高さと美しさを誇るジュエリーと
ウオルサムの新作を多彩に取り揃えた、
宝飾と時計の祭典「秀宝展」が6月18日(土)、
ホテルニューオータニ本館「鶴の間」にて盛大に開催されました。

1975年より毎年開催されている「秀宝展」は、今年が第37回。

“HEIWADO Value・Difference(世界に通用する平和堂の価値観)”の理念のもと、
グローバルな視点でヨーロッパを始めとした世界各地からの華やかで上質な
ジュエリーを選りすぐりご紹介する展示会となりました。


世界的漆工芸術「雲龍庵」との合作ウオルサム懐中時計「日月(Night&Day)」と
「水面(Minamo)」の2作品が披露され、同時に雲龍庵の印籠、根付や蒔絵箱類など
日本が世界に誇る漆工芸術の最高ランクの作品も展示されました。

syu

会場内にはフラワーアーティスト川崎景太氏の華麗な生花のオブジェが会場を飾り、
特別ゲストとして2011年ミス日本グランプリ谷中麻里絵(やなかまりえ)さんが
きらびやかなジュエリーを身にまとい、会場に華やかさを添えていました。

syu1 

<ジュエリー>
ニューヨークのタナグロを筆頭に世界の宝飾品が、会場を埋め尽くしていました。
厳選された素材、トレンドを感じさせながらも品あるデザイン、高い製作技術
レベルによりその名前にふさわしいロイヤリティを感じさせるクイーンでは、
バリエーション豊かな新作をご提案し、ご来場者からも好評を得ていました。
斬新なデザインのイタリアン・ジュエリーステファン・ハフナー、
革新的ゴールド・ジュエリーのカルガロ、フィジーの至宝マラマパール、
国際特許を持つダイヤモンドカットを使用したレディハートなどそれぞれの
個性の競演となりました。

 


今回の特別ゲストとして2010年ミス日本グランプリの
林史乃(はやしみな)さんが登場。
きらびやかなジュエリーを身にまとい、会場に華やかさを添えていました。


登場。

syu1

きらびやかなジュエリーを身にまとい、会場に華やかさを添えていました。


秀宝展パーティは、 ジュディ・オングさん。
judy1

「芙蓉の間」にて昼・夜の2回開催。
出席されたお客様は大ヒット「魅せられて…」など存分に楽しまれました。
judy
 2010秀宝展に特別展示されたウオルサムの懐中時計
w2

syu3

「徳川将軍への金時計は両蓋式で表蓋にブキャナン大統領の肖像が
細密に彫刻され、裏蓋には翼を拡げた鷲の米国の国章が刻まれている」
w1w3

1860年(江戸幕末万延元年)日本の大君(徳川家茂)あてに贈られたもの
(外務省所蔵)

syu4 


万延元年(1860年)日米修好通商条約批准書交換のため、
新見豊前守を正使とした遣米使節一行が米艦ポーハタン号で
アメリカへ赴いた際、米国大統領から将軍徳川家茂あてに
贈られたウオルサムの金時計(外務省所蔵の実物)が特別展示されていました。

syu5
ゴールドの懐中時計

「将軍への金時計は両蓋式で表蓋にブキャナン大統領の肖像が細密に
彫刻され、裏蓋には翼を拡げた鷲の米国の国章が刻まれている」

 

この時計は、現在も日本の外務省外交史料館に外交資料として収蔵され、
日米通商条約の150年の時を刻みつづけています。

syu2

 ヨーロッパの伝統に培われたクオリティの高さと美しさを誇る
ジュエリーとウオルサムの新作を多彩に取り揃えた、
宝飾と時計の祭典「秀宝展」が
6月19日(土)、20日(日)の両日に渡り、ホテルニューオータニ本館
「鶴の間」と「芙蓉の間」を使い、盛大に開催されました。
syu

           hodel
今年のテーマは「艶麗(あでやか)」。
“HEIWADO Value・Difference(世界に通用する平和堂の価値観)”の
理念のもと、グローバルな視点でヨーロッパを始めとした世界各地からの
華やかで上質なジュエリーを選りすぐりご紹介する展示会となりました。
syu

ご来場のお客様をお迎えする会場入り口から場内にかけて、
歌手であり版画家であるジュディ・オングの第37回日展にて特選を受賞した
名古屋の料亭を題材の「紅楼依緑」と
フラワーアーティスト川崎景太氏のコラボレーションの空間が
お客様を魅了していました。

 2009年6月20日(土)ホテル・ニューオータニにて
35年目となる「秀宝展」が開催されました。
syu

会場は、日本でも最も大きい会場750坪の「鶴の間」
入り口には、芸術的着物「辻が花」と花の芸術のコラボレーション
久保田一竹と川崎景太の世界が広がり
syu2
世界の逸品が一同に会しました。

syu1

syu4


ミス日本・グランプリ「宮田麻里乃」さんも会場に
多くのお客様で終日大賑わいでした。syu5